夫婦・子供・家庭内の悩み相談は『INAZAWAカウンセリングROOM』。
夫婦関係(価値観・不倫・性生活等)子供について、家庭内・対人関係についての悩み事、御相談下さい。
愚痴聴きも歓迎します。
先ずは、お気軽にメールでお問合せ下さい。

最新のお知らせ


2019年5月2日 : 若い夫婦へ、夫婦問題は早めの解決を


恒川 です。

GWに入りました。
庭のツツジも今が見ごろです。

今回は、「若い夫婦へ、夫婦問題は早目の解決を」 です。

私のところへの相談で、一番多いのが「夫婦問題」 です。
ご夫婦ごとに問題、30代、40代、50代と年代によっても問題、悩み事は違うのですが、
お話を伺って、その発端、原因を詰めていきますと、子育てが始まった頃、夫婦生活に慣れてきた
頃に起きた事、相手、又は身内に言われた事、態度、何気ない一言、そこから来るものが多いです。
それが何時までも心の奥底にあり、何かある事にその事を思い出し、段々と気まずい夫婦関係になって来る事が
多いです。


そう考えると、結婚されて5~10年という期間は、夫婦生活の基盤を作る時期であり、今後の夫婦生活にとって、重要な時期であると思います。
その時期を夫婦お互いが、どう暮らしていくかで、今後お互いに、居心地のいい夫婦生活を送れ、老後、お互いへの思いやりを持って生活出来るか否かが決まって来るのではないでしょうか。

誰もが最初は、夫婦生活に期待、希望を持って結婚されると思います。
結婚当初にまさか自分が仮面夫婦を演じたり、離婚をするなんて考えない事でしょう。
時がたてばたつほど、溝は深まり、修復も困難になり、気が着けば、相手から離婚届けを突き付けられていた、
何て事にならない様に心掛けて頂きたいと思います。

夫婦関係というのは、お互いに持ちつ持たれつの関係で成り立ちます。
問題が起きた時は、それを軽視せず、持ち越さず、その都度その都度、対応する事が大切だと思います。

ちょっと、言葉足らずのところがありますが、御免なさい、あえて割愛させて頂きます。

参考にして頂ければさいわいです。



2018年11月4日 : 考え過ぎて動けない


恒 川 です。

ご覧になって頂き、有り難う御座います。
久し振りにブログの更新をしました。

気づいたら、もう、11月です。
あと2ヶ月で、今年も終わりですね。
頭の中では今年は、これをしよう、あれもしよう、と思いながら、出来なかった事がまだ、いくつか残っています。
「まだ2ヶ月あるのだから、何とかこなそう!」なんて、思わない自分が少し情けない感じもするのですが、
まあ、そこは、あせらない、あせらない、計画修正。

出来なかった原因として、私の場合、
「疲れたー、また次回にしよう~、今日は休み!ゴロゴロしよ。
 自分の身体の為には休養は大切だよなー」

そして、「人間だからしょうがないよね、っていうか、人間らしくていいじゃん、機械じゃないんだし」って
勝手に思ってしまいます。
出来なかった事は、自業自得なので、また、来年に少しは持ち越そうと思っています。

私とは違った感じで、思った事が出来ない、直ぐに踏み出せない方もみえますよね。
それは、「考え過ぎて、なかなか実行に移せない方」です。
考え過ぎが別に悪い事ではないと思います。
いい事も沢山あると思います。

・軽はずみな行動をしない。

・常に脳が活動し想像力の刺激にもなり、新しいアイディアを出す事もある。

・詳細を見逃さない。

・自分が納得いくまで追求する為、完璧を求める。

・大事な事を任されやすい。

などです。

しかし、それにより、精神的、体力的なダメージを受けやすい事も事実です。

考え過ぎによる

・不安障害   ・思い込み   ・頭痛   ・不眠   ・食欲不振

などが挙げられます。



自分自身を守る為にも、先ずは、ほんの少しだけ、行動してみる事が良いと思います。

実際に一歩踏み出す事により、頭の中のもやもやも、薄くなり、何をどうしていけばいいのか、
実行していきながら分る事も多々あると思いますし、何かおかしいな?って感じたら、その都度、
修正をしていけば良いのです。
少々、柔軟性を必要としますが、もともと「考えて過ぎて動けない」って人は、頭の良い人ですから、
少し考え方を変えるだけで大丈夫でしょう。
大切な事は、「自分に自信を持つ」ことです。

「行動する」というのは、何か目的があって行う事です。
「一度に最後まで計画通りに、自分で考えた通りに事を進めよう」、でわなく
段階ごとに分ける事がいいです。
一つの段を達成する事で、自信もついてくると思いますし、自分のこれからの動きも鮮明になっていくのではないでしょうか。

何をするにしても、先ずは第一歩、の行動が必要です。
時間は当然のことながら、無情に過ぎていきます。

自分で、「考え込んでしまう、考え過ぎて、どうしていいのか分からない」って方、
先ずは、ほんの少しだけ行動してみてはいかがでしょうか。




自分だけで考えるのではなく、「誰かに相談して、意見を聞いてみる」、これも行動の一つです。

参考になさって下さいね。


2018年1月4日 : カウンセリングの前に


明けましておめでとう御座います。

恒 川 です。

今年も昨年同様、宜しくお願い申し上げます。

あっという間に「お正月三が日」も終わってしまいました。
このお正月三が日にもホームページをご覧になって下さった方々、有り難う御座います。
嬉しくもあり、でもちょっと寂しい思いもします。

今回は、「カウンセリングの前に」です。
「愚痴聴き」のご依頼は別として、カウンセリングを希望される方にして頂きたい事があります。
全ての悩みに適している訳ではありませんが、ひょっとしたらカウンセリングを受けずとも、今、お持ちの悩み、自分で解決が出来るかもしれません。
その為にはまず、

① 現状把握

今の自分が悩んでいる事を素直に書き出し、それを読み、今の自分の状況を素直に受け入れる事です。

② 原因

次に、原因を書き出します。
思い浮かぶことは全て書き出し、それを読んで下さい。

③ 今後の理想像

自分がどうありたいか、それを書き出します。

④ 行動

①~③までを書き出し、理解する事で今後、自分がする事が少しでも見えて来るのではないかと思います。
薄っすらとでも見えてくれば、それに向かって少しずつ、出来る事から行動を起こす事です。



人は悩み事があっても、それを解決する答えを知っている事があります。
頭の中では分かっているのにそれが出来ない、その答えを受け入れる事が出来ない、だから悩んでしまう、
私は、そう思います。
先ずは、ノート等に書き出し、頭の中を整理する事です。
整理する事で自ずからすべき事が分かって来る事もあります。

頭の中を整理していく癖をつけ、悩み事が少しでも減る事はいい事ですよね。


少しでも参考にして頂ければ幸いです。















ごあいさつ
ものの見方・考え方で、人は何通りもの人生を歩んでいく事が出来ます。
毎日疲れた生活を送る人生もあれば、楽しく送れる人生もあります。
自分が幸せになって、周りの人達に「幸せのお裾分け」をしてあげましよう。

代表: 一般財団法人JADP認定 上級心理カウンセラー 恒川隆洋


マイペース通信
自分の好きな様にしましょう。