夫婦・子供・家庭内の悩み相談は『INAZAWAカウンセリングROOM』。
夫婦関係(価値観・不倫・性生活等)子供について、家庭内・対人関係についての悩み事、御相談下さい。
愚痴聴きも歓迎します。
先ずは、お気軽にメールでお問合せ下さい。

  • 夫の思い、妻の思い 2

    2017年9月3日



    恒 川 です。
    ホームページをご覧いただき有り難う御座います。

    1枚の写真を見つけました。
    私も学生時代、美術部に所属していまして、夏休みは結構、絵を描くのに時間を費やしていたことを思い出しました。
    あの頃に戻りたい。

    愛知県の伊良湖岬に行って来ました。
    20年ぶりかな?



    伊良湖岬、何十年たっても変わらぬ景色、良かったです。
    お昼は、灯台茶屋の「大アサリ」しっかり食べて来ました。
    流石に美味しかったですねー。
    お泊りは、伊良湖ビューホテルだったんですけど、そこのピエロの明るい笑顔には、参りましたー。
    見習わなきゃ。

    今回は、「夫の思い・妻の思い 2 」という事で、「家」についてです。

    生活の拠点となるところは、家です。
    家は家族にとって居心地のいい空間であり、帰る場所です。
    でも、夫婦仲が悪いと、帰りたくても帰れないんですよね。
    結婚生活の浅い夫婦に見られがちなんですけど、私にも経験があります。
    夫は、いくら仕事が早く終わっても家に帰るのは、妻が寝た後とか。
    だから何処かで時間をつぶすかしなければなりません。
    納得の出来ない時間の使い方をします。
    本来、家は居心地がいい場所なんですけど、かえって、魔の時間を過ごす疲れる場所へと変わってしまいます。
    妻にとっても同じ事だと思います。
    そして朝は、それぞれが時間に追われるので、会話をせずに家を出る流れになります。
    ですから、妻からしてみれば、話したいことが段々と溜まっていき怒りへと変わってしまいます。
    どうみても悪循環です。

    今まで生活環境が違っていた者同士が一つの屋根の下で暮らすのですから、何かあった事に
    意見の食い違いがあるのは当然です。

    このブログを男性の方(ご主人)が見ていましたら参考にしてほしいのですが、
    一般的に男性は無口です。
    仕事の事や、弱音、いま思っている事など多くを話そうとしません。
    ですから、会話は結婚以前と比べてもかなり減っている事は間違いない事です。
    奥さんからしてみれば、「こんな人だった?」となってしまいます。
    私も結構、苦しみましたし、家出も経験しました。
    で、考え付いたのが 「早く帰って来た日、又は休みの日には、食事の後に妻に、お茶を入れてあげる」でした。
    効果はありましたので、お試し下さい。

    夫婦のコミュニケーションは毎日の積み重ねです。
    疲れているのは承知の上ですが、毎日10分と決め実行なさってはいかがでしょうか?

    時代は昭和から平成に変わりました。
    昭和のいいところはそのまま残し、悪いところは変えていく必要があります。
    男性の方、特にご主人は頭の切り替わりが必要です。
    家庭内のコミュニケーションが必要になって来ている今、「無口は NG 」です。
    家庭を居心地のいい場所にするも、しないも、自分次第なのです。
    その為にも、少しは奥さんの前で会社の事や愚痴、いま考えている事を話す様に心がけてみてはいかがでしょう?

    次に、奥さんがこのブログを見ていましたら、参考にして下さい。
    ご主人を自分の空間に閉じ込めていないでしょうか?
    妻は夫を自分の世界に閉じ込め、理解できない事に対しては、話を聞こうとはしません。
    ですから、「俺の話をちゃんときいてるのかー!」っと、なってしまいます。
    奥さんの方も、話をしたいのであれば、それなりの環境を作ってあげる事、またタイミングが必要です。
    その為には、夫が居心地がいい空間を作ってあげる事です。
    何かと面倒くさいかと思いますが、それで、会話をする時間が出来、理解しあえるのであれば、よろしいのではないのでしょうか。

    参考にして頂ければ幸いです。