夫婦・子供・家庭内の悩み相談は『INAZAWAカウンセリングROOM』。
夫婦関係(価値観・不倫・性生活等)子供について、家庭内・対人関係についての悩み事、御相談下さい。
愚痴聴きも歓迎します。
先ずは、お気軽にメールでお問合せ下さい。

  • 謹賀新年

    2016年1月3日



    明けましておめでとう御座います

    恒川 です。
    お正月も3日目に入りました。
    身体、頭にかなり脂肪が着いた感じです。
    それにしても、暖かいお正月ですね。
    お正月は、知人と会ったり、家族と会話をする機会が多いですよね。



    そこで気が付いたんですけど、たまに「私は人がいいから」って言う人、いますよね。
    自分で「私は人がいいから」って言う人って、確かに他の人から見ても「人がいい」「まじめ」という印象を受けます
    「人がいいのも良し悪し」なのは誰でもわかっていて、本人も分かっていると思いますが、「人がいい」には、2通りある事を分かっていないんですね。
    1つは、根っからのお人好しで、「しまった! 人がいいからまた損したー!また変な事を引き受けちゃったー!、まっ、いいか」
    っと、腹に持たずに過ぎていくタイプ、もう一つは、最初から不利な事が分かっていて、「自分が犠牲になればー」、「争い事は苦手だから、ここは丸く収めよう」、「先の事を考えると自分が嫌な思いをするのがいいのかな?」っと、自分から「人のいい人間」を演じるタイプです。
    同じ「人がいい」でも、性格はまるで正反対です。
    前者は、周りからも親近感も持たれ別に問題もないのですが、後者は、かなり問題ありです。
    別に「人がいい人間」でいる事が悪い事とは言いません。
    人がいい人間+真面目=善人(善人に見られたい、認めてもらいたい)、っという気持ちが何処かにあるんでしょうか?
    「人のいい人間」を演じる人の中には、気の弱い人がいます(大半)。
    そういう人は、気が弱いから傷つきたくない、争い事は嫌いだ、だから「人のいい人間」を演じ続け、やむを得なく自分を犠牲にし、ストレスを溜めていきます。自分への言い訳は、「自分は人がいいから」っで、片づけてしまいます。
    でも、これを続ける事によって自分自身を失ってしまう事になります。
    また、こういう人に多い病気が、「うつ病」、「不安定障害」です。



    私もどちらかと言うと気の弱い人間です。
    自分が弱いのなら弱いなりの力で自己主張しながらも、必要な妥協もしながら、堂々と生き抜く力が必要です。
    周りから、しっかりした人間に見てもらおうとか、人から嫌われない生き方をしようとか、孤独になる事は避けたい等とは考えずに自分の自然な心の流れを見つめ、その本質に沿って生きる事が大切です。
    自分が思っているほど人は自分の事を見ていません。
    相談して来られる方は「自分で思い込んで、自分の首を絞めている方」が多い様に思います。



    自分で、「私は人がいいから」って、言われている方、今一度、自分がどちらの「人がいい」かを考え、見つめなおされてはいかがでしょうか。
    参考にして頂ければ幸いです。