夫婦・子供・家庭内の悩み相談は『INAZAWAカウンセリングROOM』。
夫婦関係(価値観・不倫・性生活等)子供について、家庭内・対人関係についての悩み事、御相談下さい。
愚痴聴きも歓迎します。
先ずは、お気軽にメールでお問合せ下さい。

  • ストレス 3

    2017年4月2日



    恒 川 です。
    4月と言えば、やっぱり「サクラ」ですよね。
    今日、午前中にお花見してきたんですけど、まだ少し咲き始めた程度でした。

    暖かくなってきましたけど、風の強い日も多いですよね。



    花粉症には、辛い季節です。

    さて、前回に引き続き ストレスの3回目です。
    今回は、「神経質で気配りが上手い人」・「NOと言えない人」です。

    先ずは、「神経質で気配りが上手い人」です。
    どういう人かと言うと、細かいところまで気が付いて、人の為に至れり尽くせり行動する
    って人ですよね。
    自分にそれだけの「心のゆとり」があればいいのでしょうが、そうでない人も多い様に見えます。
    サービス業等、お客さんに対して行うのであれば、それは仕事の一環として考え割り切れるのでしょうが、
    そうでない場合は、、「神経質で気配りが上手い人」っていうのは、どうかと思います。
    それに気配りされている側の人は成長しません。
    またこれが仕事のグループの内で、「神経質で気配りが上手い人」がいるとすると、何時もその人に色んな仕事が周って来ます。
    本人は、「別にこれ位の事」、「私が骨を折れば」って思うかもしれませんが、そのグループは成長しません。
    それに「私は精神的にかなり自信を持っている」っていえる人ならいいかもしれませんが、そんな人はまれです。
    ですから当然、ストレスは蓄積していく一方です。
    そして、そのしわ寄せは、自分が気が付かないだけで、家族、親しくしている人へと向けられるのです。
    そう考えると、「神経質で気配りが上手い人」って言うのは、自分勝手なんではないのでしょうか。
    あとにお話しする「プライドが高い人」と類似しています。
    自分のプライドがあるがために、神経質で気配り上手に徹し、一番大事な家族、親しくしている人へその付けを周していると言ってもいいのではないでしょうか。
    人は、追いつめられると視野が狭くなると言います。
    自分の「心にゆとり」を持つ事は自分だけの事ではなく、自分が大切にしている人達にとっても必要な事なのです。

    次に、「NO」と言えない人 です。
    気の弱い人、押しに弱い人、自分を押し出せない人、ですよね。
    本当は「NO」っと言いたいのに言えない。
    本心に背いた事をするのですから当然、ストレスは溜まる事はお分かりだと思います。
    こういう人に多い病気が、「うつ病」、「不安定障害」です。

    参考にして頂ければ幸いです。